良い義歯を装着しよう│歯科技工所を選ぶ時のポイント

治療について学ぶ

インプラント

歯医者では失った歯の代わりに、人工の歯を埋め込むインプラントという治療を行なっています。この治療は歯を失った場所に、人工の歯根という歯の根っこをあごの骨に埋め込みます。埋め込んだ歯根が固定することができれば、その上から人工の歯を被せて治療は終わりです。インプラントは骨に直接埋め込むことで、ぐらぐらと動くことなく固定することができます。動かないということは食事中に歯が取れたり、動いたりすることもないので今までのように食事を楽しむことができるでしょう。また会話をしている時にも、違和感なく喋ることができるので問題はありません。このようなメリットがあるので、インプラント治療を望む人が増えています。ですが、この治療は万能ではなく患者さんの中には、入れ歯や差し歯などのほうが最適という人もいるかもしれません。ですから、一度歯医者で検査をして医師と相談してください。そうすれば、最適な治療を行なうことができるでしょう。インプラント治療を行なう前に、レントゲン撮影だけでなく様々な検査を行ないます。この治療は虫歯や歯周病の治療と違い、あごの骨に埋め込むという外科手術を行なうのです。ですから、患者さんの中にはこの治療を行なうことができないという人もいるでしょう。ヘビースモーカーの人やあごの骨が弱い人、妊婦の人は治療をすることはできません。インプラント治療を成功させるためには、歯医者に全て任せるだけではいけません。治療についての様々な知識を集めて、この治療を行なっている歯医者の情報を集めることが大事です。